花澤香菜映画主演


花澤香菜が実写映画初主演&主題歌担当。映画『君がいなくちゃだめなんだ』、2015年3月下旬先行公開

花澤香菜さんが2015年3月下旬よりテアトル新宿にて先行公開される実写映画『君がいなくちゃだめなんだ』に主役・楓アン役で出演、さらに本作の主題歌を担当することが決定した。花澤さんが実写映画に主人公として出演するのは今回が初となる。

本作は、花澤さんのミュージックビデオを手掛けてきたムラカミタツヤ氏を監督に起用し、脚本は「サンダンス・NHK 国際映像作家賞2009」にてグランプリを受賞した倉田健次氏が本作のために書き下ろした。そして父親役には一世風靡セピアのリーダーとして活動し、現在は俳優として映画やテレビで活躍する小木茂光さんを迎え、ムラカミ監督ならではの映像美溢れるフィルムに花澤さんの熱演が詰まった中篇作品となっている。

主題歌は映画と同タイトルとなる「君がいなくちゃだめなんだ」。花澤さんのシングルとしては初めてのバラードとなり、切なくも前を向く力がもらえる楽曲で、父と娘を中心に想いと人がつながる物語を描く映画の世界観にマッチした、主題歌としてこれ以上ない仕上がりとなっている。作詞は岩里祐穂氏、作曲・編曲は北川勝利氏(ROUND TABLE)が手掛けている。  初回生産限定盤に同梱されるミュージックビデオDVDは同名映画の本編映像から構成されており、公開に先駆けていち早く映画を感じることができるファン必見のダイジェスト映像となっている。

■タイトル
映画『君がいなくちゃだめなんだ』

■劇場公開
2015年3月下旬よりテアトル新宿にて先行公開 仙台・名古屋・大阪・博多でも順次公開

■イントロダクション
あなたがいたから、私は今ここにいる――再生したい父と娘を中心に想いと人がつながる、少し不思議で入り組んだ、でも真っ直ぐな物語。声優として、アーティストとして活躍する花澤香菜の主演作品。花澤香菜のミュージックビデオを手掛けてきたムラカミタツヤを監督に起用し、脚本は「サンダンス・NHK 国際映像作家賞2009」にてグランプリを受賞した倉田健次が本作のために書き下ろし。そして父親役には一世風靡セピアのリーダーとして活動し、現在は俳優として映画やテレビで活躍する小木茂光を迎え、ムラカミ監督ならではの映像美溢れるフィルムに花澤香菜の熱演が詰まった中篇作品。

■ストーリー
楓アンは絵本作家。処女作が偶然にも新人賞を獲ってしまい周囲に期待されるも、その後は泣かず飛ばずでスランプ状態に陥っていた。しかし元々の気ままな性格のせいもあって、担当編集者のトモエとも軽ふざけをして日々の時間を潰す始末で創作の進む気配はない。ある日、楓は失踪した飼い猫のペローを探す街角で見かけた伝言板で「ペローを蘇らせる代わりにこの世界から太陽を頂くよ。いいのかい?アン?」と書かれた謎のメッセージを見つける。そして他にも街のあちこちの伝言板に残された不思議なメッセージたちを次々と探しだしていく楓。楓はそれが幼い頃に失踪した小説家だった父・光平の文章であることに気づくのだが…。

■スタッフ
監督:ムラカミタツヤ
脚本:倉田健次
配給:アニプレックス

■キャスト
花澤香菜、渡辺奈緒子、浅森夕紀子、志村美空、中村さん、兎本有紀、小木茂光

http://moca-news.net/article/20150123/2015012300000a_/01/