竹達彩奈


ラジオ番組「竹達沼倉の初めてでもいいですか?」第105回より


22分頃~

竹達「それで手伝ってもらってようやく上がっただけで、私自身はほんとにねすごい下手くそなの」
沼倉「ふ~ん」
竹達「だってね「あやさん、ちゃんと働いてくださいよ」って見ず知らずの人に言われるレベルだからね」
沼倉「ふふっふふっ」

(略)

竹達「もうね、酷かったんだよ!私ティガがすごい苦手なのさ。しかもなんか今回のティガは、ちょっと今までのと違う動きをするから、なんか未だに慣れなくて、はわはわはわはわしてたの。で、ちょっと遠くから撃ってたらね、ちょっとなんか「あやさん、ちゃんと働いてください」って言われて、しかもなんかね!終わった後にキックまでされたんだよ!」
沼倉「きゃははははっ相当むかついてたんだね、あいつあんな遠いところからやりやがってって」
竹達「そう!そうなの!でもさ、死なないだけマシだと思いませんか!頑張ってたんだよ!」
沼倉「そうね!たしかにね」
竹達「なんかね、ちょっと申し訳ないなと思ったよ。ちょっと遠かったかもしんないよ?でも、私なりに頑張って近づいて撃ってたんだけど、そんな文句言われると思わなかったよ!と思って、クソッ!と思って悔しかった」