ラブライブ!スクフェス




「ラブライブ!」が過去最高得点で総合首位に!オンライン顧客満足度ランキング「ゲームアプリ2015年 秋」が発表

オリコンは、同社が展開する「オリコン日本顧客満足度ランキング」より、ランキング「ゲームアプリ 2015年 秋」を発表した。

秋の評価項目総合1位に輝いたのは、KLabのリズム&アドベンチャーゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」。同タイトルは今年の「冬」「春」の2回連続で首位を獲得するも、「夏」では惜しくも2位と順位を落としていた。しかし、今回は同タイトルの過去最高満足度となる77.27ポイントを獲得し、見事1位に返り咲いた。

4


評価項目別「音楽」で90.58の高満足度
【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】は、項目別では「システム・ゲーム性」、「音楽」、「イベント・キャンペーン」、「達成感」の4項目で1位を獲得している。なかでも「音楽」は90.58ポイントという非常に高い満足度を記録。ライブパートを中心に、作品中に登場する70曲を超えるさまざまな楽曲自体の評価が、高いことがわかった。また、「新譜が結構頻繁にでる」(男性/20代)という声もあり、アップデートによって追加される楽曲が多いことも、高評価につながっているようだ。

首位奪還の要因は「ゲームシステム」の再評価か
夏に行われた前回調査では、【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】は総合2位(1位は【SHOW BY ROCK!!】)。項目別でも上記「システム・ゲーム性」、「音楽」、「イベント・キャンペーン」、「達成感」のいずれも1位獲得には至らず、2位もしくは3位という結果だった。

しかし、今回の調査でのコメントを見ていくと、「音ゲーとしての斬新なシステム」(男性/20代)、「クリアした時に達成感がある」(男性/20代)、「意外とこのゲームシステムのアプリは少ないのでうれしい」(男性/20代)といった声が多数挙がった。もともと定評があった上記の項目だが、今回、再評価されたことに併せ、アップデートにより新たな要素が追加されたことが、首位返り咲きへの要因といえるだろう。

以下、全文を読む