ll10




第60回「映画の日」中央大会開催、金賞は「妖怪ウォッチ」「ベイマックス」

第60回「映画の日」中央大会が12月1日、都内のホテルで行われ、映画関係者が一堂に会した。

(中略)

また、その年の映画界に最も寄与した作品に授与される第33回ゴールデングロス賞授賞式が行われた。

日本映画部門では、最優秀金賞を興収78億円に到達した「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」、優秀銀賞を興収57億円の「バケモノの子」、興収46億円の「HERO」、「ドラゴンボールZ 復活の『F』」、「ラブライブ!The School Idol Movie」が受賞

外国映画部門では、最優秀金賞を興収90億円突破の「ベイマックス」、優秀銀賞を同じく興収90億円を超えた「ジュラシック・ワールド」、興収50億円を超えた「ミニオンズ」「シンデレラ」「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」が受賞。

引き続きアニメ作品が日本の映画興行を牽引していることが受賞結果でも示された。

全文はこちら



ゴールデングロス賞とは


ゴールデングロス賞 Wikipedia

ゴールデングロス賞(ゴールデングロスしょう)は、1983年に全国興業生活衛生同業組合連合会が創設した映画の賞。

概要
1983年12月1日の映画の日のイベントとして創設。全国の映画館主によって選ばれる、1年間の映画作品のうち最も興行成績の良かった作品、観客を呼んだ映画スター、監督に贈られる賞。過去1年間の劇場公開作品に対して謝意を込めるとともに、将来も好稼働できる作品の提供を期待して選考される。



第33回日本映画
第33回ゴールデングロス賞