freefont_title_babyk


いつもサイトをご利用ありがとうございますm(_ _)m

当サイトのコメント欄は今年(2016年)からさらに厳しくなりました。どれくらい厳しいかというと、新しいアニメの記事で「見るものが一つもねぇわ」(見ないアピール)や、「今期不作すぎる」(個人的感想)といった-(マイナス)なコメントは全て削除しています。「外国人が選ぶ泣けるアニメ9選」の記事を例にすると、「日本人と泣けるアニメのポイントが違うんだなぁ」ぐらいなら消しません(△)が「外国人泣ける基準ズレ過ぎだろ」消えます(×)。「外国人ってこんなので泣けるのかよ」(=そのアニメは全て泣けない)消えます(×)。「作品Aより作品Bのが泣けね?」(△)は場合によっては消えます、作品Aを下げつつ、作品Bを上げたコメントは当然消えます(×)。某大手アイドルサイトのように全記事コメント不可(コメント欄閉鎖)も考えましたが、一部のコメントポリシーを守らない人の為にいいコメント、記事の補足説明や、関連の知識など価値あるコメントを残してくれる人も排除する形になるので今回は見送りました。

今年からコメント投稿ボタンの下の注意書きに※やさしいコメントでお願いします。(アンチ、ネガ、ディスコメは書き込まないでください。)規制強化中の( )の部分を追記し、文字サイズを上げ見やすくした事で、当サイトのコメントポリシーを守り、そういったコメントをする方が減ってきたように思います。そう言っても書き込む人がいるわけですが限りなく0に近づければいいなと思います。2015年以前のコメントも全てチェックし対処しました。

訪問者ばかり厳しくし、運営者が甘くてはいけないので、そういった過去記事も削除しました。見る人によってはそうとられかねない記事も消しました。これまで叩かれてる記事をわざわざ取り上げた事はありませんし、同ジャンルのアニメの対立煽りの記事などそこまで酷い記事を作った事はありませんが、軽くディスった記事はいくつかあったので消しました。少しでも引っかかる物がある記事は全て消しました。漫画家の記事で例を上げると「漫画家の絵が初期と今で違うのを比べるだけ」の記事は残しましたが、「現役の頃より絵が下手になってね?」みたいな記事は消しました。【悲報】の記事でも「連載が終了して悲しい」の記事は残しましたが、「アニメ関係者の年収低すぎね?」みたいのは消しました。今後はそういった記事は作りません

ついでに記事タイトルを目立たせるだけの不必要な「w」も全て取っ払いました、2ちゃんねるまとめでスレッドに付いてても取り除いたり「!」に置き換えたりしています、極力避けますがつけたとしても面白い記事やネタ記事に3つまでにします。

その作業の為にしばらく更新数減ってましたが、また少しずつ更新頑張ります。

管理人 ユウ

記事タイトルに重要とかあるからサイト閉鎖とかだと思った人がいたらすまんな!(`・ω・´)(小声