pokemon






ポケモンジェネレーションギャップ(Generation gap)とは世代毎に文化、価値観、思想などの違いが生ずる現象のことである。公式ポケモン設定に大きく影響を与えている。


概要

最新作(3DS)では通信は携帯ハードからの赤外線通信のみで行えるが、初代(ゲームボーイ)は通信ケーブルがなければ通信すらできなかった。第4世代以降のDS世代と第1世代第2世代のゲームボーイ世代ではお互いに「通信におけるケーブルの有無」という点で概念に違いが生まれた。




ポケモンにおける影響

第1世代ではポケモンの数が151匹だったが大人気になった為、第2世代以降はそれ以上に増える。
第2世代ではあくタイプとはがねタイプが登場する。
第3世代からは努力値配分の仕様変更そのものが変わりパラメータが全く違う。
第4世代からピカチュウが性別によって尻尾の形が変わる。
第5世代まではノーマルタイプだったポケモンが、第6世代ではフェアリータイプに変更される。
第6世代ポケモンXYにてメガシンカはカロス地方のみと言われていたが、第6世代ORASにてメガシンカが登場した。
第6世代にてパラレルワールドが公式で存在する事が明らかになった。
ケンタロスなど一時期猛威を振るっていたポケモンの現在。
ふぶきなど一部の技の仕様変更。
かみつくなど一部の技の技タイプ。

引用元:ポケモンジェネレーションギャップ ピクシブ百科事典








p1







p2







p3







p4








ネットの反応

初代からのポケモントレーナーにはスゲー共感できる


・ああ、わかるわ……


・カラーでない初代を見て色違いはどうやって見分けるの?とか質問されそうな気がする


・フシギ…ダネ…?!


・あーそか、クロバットはともかく忘れ屋いないんだったなー


・見事に私と息子の会話だこれーーーーーーー