たまごっち

日テレ「スッキリ!!」で「たまごっち」が特集され、最近の進化した「たまごっち」の仕様が話題に。


懐かしのおもちゃが進化している特集

s1
s2





初代たまごっちは1997年に女子高生を中心に大人気に

s3
s4
s5





たまごっちはカラーになり、小学生に人気に

s6
s7
s8





利用者の低年齢化で「死なない」設定に

s9
s10
s11
s12
s13
s14
s15





ベビーシッターが代わりに世話をしてくれるシステムも

s16
s17
s18




s19


7時~16時59分まで
代わりにお世話してくれる
お世話のプロ「たまシッター」

出典:http://tamagotch.channel.or.jp/index.php




<ネットの反応>

たまごっちは死ぬから生死の大切さがわかるいいゲームだと思ってたのだが


電子ペットが死なないのは 命の大切さ非代替性を軽視してうんたらかんたら!


たまごっち自体ゆとりの俺がストライクな世代だったような・・・まあ、ゲームでも何でも優しくすれば良いってものじゃないよな


確かにこれは大幅な仕様変更やけど、当時は「世話をしなきゃうちの子が死んじゃう!」と言うて職場や学校で操作する子が問題になったからのう。


天使のたまごっちはわざと放置して親父っちにしてた。触ると死ぬから何も出来ないが…


そういう遊びはあってもいいけど名前は変えたほうがいい気がするな。根本的なシステムが違ったらもう別物でしょ。