実写映画『銀魂』第3弾キャスト公開

映画銀魂キャスト



小栗旬主演、福田雄一監督・脚本で人気漫画を実写映画化する「銀魂」に、「KinKi Kids」の堂本剛が出演していることがわかった。カリスマ性と達人級の剣技を持つ高杉晋助に扮し、「ファンタスティポ」以来約12年ぶりの銀幕復帰を果たす。

堂本が演じる高杉は、銀時のかつての仲間で、現在は攘夷過激派武装集団「鬼兵隊」を率いて“最も危険な男”と恐れられる役どころ。福田監督とはドラマ「33分探偵」などでタッグを組んだ旧知の仲なだけに、「『堂本剛に悪役を演じさせたい』と言われ、キザでクールな高杉と僕のギャップをどう埋めてプラスにするのか監督と話し合いを重ねる内に、出演が決まっていました」と語り、「人気キャラを演じる重圧に耐えながら撮影に臨みました。正直、エリザベスがやりたかった……」とジョーク交じりに明かしている。

また新井浩文、佐藤二朗、菜々緒が鬼兵隊の隊員、安田顕と早見あかりが刀鍛冶屋の村田鉄矢&鉄子兄妹を演じることも発表された。“人斬り以蔵”役の新井は「福田組なのに、『銀魂』なのに、うちはギャグゼロで戦っていたので不安と不満と疲労の3つでした」と話し、策略家・武市変平太役の佐藤は「福田にとっておそらく最初で最後の大作ですので、まあ奴を支えてやるか的な気持ちで参加しました(笑)」と常連らしいコメントを寄せる。二丁拳銃の使い手・来島また子役の菜々緒は、「繊細なデザインで衣装を手作りして頂きましたし、私自身も役に少しでも近づけるように頑張りました」と手応えありの様子だ。

全文はこちら