NARUTO続編『BORUTO -ボルト-』6話ネタバレ画像文字バレ画バレ
引用・転載元:http://onepiece-naruto.com/blog-entry-1736.html


自主規制君見せられないよ


※ネタバレ注意





■圧倒的…

モモシキが放った尾獣玉を止めるナルト。

モモシキ「無駄な抵抗が好きだな 下等生物め…」


ナルトの身体から九尾が飛び出し、両手で巨大な尾獣玉を食い止める。

口から尾獣玉を出しかけてやめる九尾。


ボルト「父ちゃん……何で撃たねーんだよ!?」

サスケ「ナルトがその気になれば こんな弾など吹き飛ばせる…ただし”辺り一帯ごと”だがな…」


モモシキ「己の身を盾にしてすべてのダメージを吸収する気だな…?」

「いかにも下等生物らしい愚かで下らん発想だ」


ボルト(…そんな………!)

(父ちゃん……!!)


ナルト「ォオオオ おおおお」


巨大な爆発が起きる。
ふと目を開けると、ボルトを庇うように大きく両手を広げるナルトの姿が。


『あいつは弱点だらけの 典型的な落ちこぼれだった』

サスケの言葉が蘇る。


『だが己の力でそれらを克服し 火影となった』

『お前が知るべきは今のナルトじゃなく』

ゆっくりとボルトを振り返るナルト。
その顔には微笑みが浮かんでいた。


『今までのナルトなんじゃないのか』

BORUTO6話ネタバレ画像


ボルト「父ちゃん!!」



目を覚ますとそこは病院だった。
ナルトが里のみんなを守ってくれたらしい。


隣のベッドには意識のないヒナタ。
サクラが医療忍術で治療している。

サクラ「しっかり…! ヒナタ」

ヒマワリ「ママあたしだよ…わかる……?」


BORUTO6話ネタバレ画像2


ボルト「母ちゃん…!」

サクラ「大丈夫よボルト…助かるわ」

ボルト「どうしたんだよ母ちゃん!?」

サクラ「奴らに立ち向かっていったのよ…」

「ナルトが連れ去られるのを 止めようとしてね」


中忍試験の会場はリングの一部を残し、ボロボロになっていた。



BORUTO6話ネタバレ画像3



ナルトが連れ去られたと聞き、たまらず病院を飛び出すボルト。
医療品の箱につまずき、転んだボルトが腕につけっぱなしだった科学忍具に気づく。


ボルト「…くッ……! ……そォ……」

「がぁッ!」

乱暴に忍具を投げ捨てるボルト。


その足で向かったのは火影室。

飾ってあった第四班の写真と、幼いナルトがいつも来ていたボロボロの上着を見つける。
上着に袖を通し、鏡の前に立つボルト。


「…へっ……」

「…ダッセェな………」


「…オレ……」


泣きそうな顔のボルト。

「その通りだな」

現れたのはサスケ。

ボルト「…おっちゃん……!」


サスケ「不正がバレて皆に軽蔑され…額当ても取り上げられ 今や忍ですらない…」

「その上父親も失った」

「まるでかつてのナルトのような状況だ…」

「母と妹がいるだけまだマシだがな」


ボルト「父ちゃんは……」

「こんな時……父ちゃんはどうしてきたの…?」

サスケ「………」

「…知りたいのは 『弱点』だけじゃなくなったようだな」


直接本人に聞けとサスケ。
まだナルトのチャクラを感じられる、無事かどうかは分からないが死んではいないと続ける。

「助けに行くぞ」


ボルト「………」

「何でおっちゃん こんなオレの事気にかけてくれんの…?」

サスケ「一番弟子なんだろ」

「お前はオレの」


ボルト「……」

サスケ「それにお前は…ナルトよりウスラトンカチだからな」

ボルト「…ウスラトンカチ…それって…」

サスケ「『負けず嫌い』ってことだ」



そこに五影たちがやってくる。


BORUTO6話ネタバレ画像4



ダルイ「火影を助けに行こうってんならよォ…オレらにも一肌脱がせろや」

驚くボルト「!! …ごッ……五影…!?」


長十郎「盟友をさらわれて黙ってたんじゃ…五影の名折れですからね」

土影「あたしらを敵に回した事…後悔させてやろうじゃない」

我愛羅「フッ…まるで昔のナルトを見ているようだな」

サスケ「…いや 一つ足りないものがある」

そういってボルトに何かを手渡すサスケ。



サスケが輪廻眼で異次元への通路を開く。


サスケ「こいつを通って奴らの元へ行く 転送できる人数は限られるが」

「現状の戦力を考えればこのメンバーがベストだろう」


そこでボルトを呼ぶ声が。
現れたのはヒナタ。
まだ回復しきっていないのか、サクラが隣で肩を支えている。


心配そうにボルトを見ているヒナタだが、ボルトはサスケに渡された額当てを頭に。
それはかつてのイタチの額当て。

ボルトの姿に、かつてのナルトを重ねるヒナタ。


ボルト「行ってくるってばさ!」

サクラもシカマルも、サスケもその姿に微笑んでいる。


ヒナタ「お父さんの事……お願いね…! ボルト」

ボルト「おう!!」


サスケ「やっと忍らしくなってきたな…行くぞ」


ボルト(待ってろよ…! 父ちゃん…!!)


■繋がる意志と、繋がる魂…!! 父を救うため、今、ボルトが行く──ッ!!!