関連:【速報】『人気声優200人が本気で選んだ声優総選挙』プロが選ぶ本当にスゴイと思う声優ランキングベスト25が決定!声優界の頂点は・・・


石田彰




生きたATフィールド

上記のような評を受ける理由の一つに、可能な限り人付き合いを避ける傾向がある。
共演者ともめったに会話をしないらしく、打ち上げを嫌い、主役を務めた作品であっても「話すことがない」「自分一人くらいいなくても平気」などの理由から参加を断るマイペースぶりで知られる。
鈴村健一はかつて「石田さんと友達になった」と言ったところ「それは凄い」と周囲から驚かれたとのことである。また保志総一朗は「喋らないけど気まずくならなくていいからね」と言われ、逆に楽になったそうである。
イベントへの参加も好きではないらしく、小野坂昌也や置鮎龍太郎などから「呼んでも来ない」とネタにされていた。
ただし、2013年あたりから、イベント参加については軟化傾向が見られるようになっている。

その他に

・同業者(阪口大助説が有力)から「お昼食べに行きましょう」と誘われた際に「これからお昼食べに行くから」と断った
・複数で挨拶に来た新人に「覚えられないので大丈夫」と断った
・林原めぐみが差し入れに配って回っていたお菓子を「いらない」と断った
・メアドを教えてもらおうと試みた小野大輔を「なんで?」の一言で切り捨てた

などの数々の逸話(都市伝説ではなく全て実話である)を持ち、ネットでは生きたATフィールドの異名をもつ
中村悠一は「この人、ATフィールドぶ厚過ぎやしねえか」とコメントしている。
ちなみに食事に誘われた際に「これから食事に行くから」と断るのは、森川智之曰く「常套句」であるらしい。


引用元:ピクシブ百科事典 石田彰




石田彰さんの性格振りが窺えるプロフィール。 “特になし”、“昨年と同じ”

石田彰プロフィール