私はやっぱり駄目だった。初歩の初歩で足踏みしてるだけだったんだ....



行動原理がわからないキャラは読んでて不安定になる



そう、自分の中じゃちゃんと物語として成り立ってるから立ち悪いんですよね・・・脳内補完が凄すぎて。
だからちゃんと他人が読めるものになってるのだろうか、って心配になっちゃう



でもね、そういう自惚れの勘違いも漫画家になるには絶対に必要な能力だと思うの



全ての創作に通じるものがある気がする。
覚えておこう…



自分の頭の中ではすべてが成立している これシナリオ作りでよくあるから困る



二次創作だとどんなキャラかとかどんな世界かとかはある程度共有してる前提で描けるんだなあってぼんやり思った



逆にそういうのみてみたい



これはもう基本なんだよね…
自分もよく学校で先生にめっちゃ言われてボツを何回も食らったよ…
まず基礎としてはやはり四コマがいいらしく、起承転結を四コマでまとめ、ストーリーと主人公が何したいかをまとめろと言われてよく描いてた。



その点趣味の創作はいいよな!頭の中汲み取ってくれる人しか買わねぇから!



自惚れだと気付いてて行動力にするのと、ただ自惚れてるのは全く別物だけどね。



本当に理解できなくて質問するケースと、編集者本人は理解できているが大多数の読者には伝わらなさそうなので、読者の代弁として質問するケースがありそう。 仮に演出としてあえてそうしてるなら「読者に全ての情報を与えないことでこうこうこういう効果が期待できるので~」ってちゃんと説明すれば良いんじゃね。



ちなみに5W1H はちゃんと設定しろって意味じゃなく、とある国とある時代(ゴチャマゼ世界観)だったらそれが解るように描けって意味よ



多分漫画に限らないと思う。舞台が、人物が、やってる事が面白いかどうか以前にわからない、矛盾しまくってる、説明不足、一貫性がない、作品に応じたリアリティが皆無、その他もろもろな作品。そらそうよな……。



素人小説でも同じですね。 ダメなのは、面白いつまらないじゃなくて、まず「話がわからない」という……。 「よくわかんない」と言う系統の反応は、およそ想定される反応の中で最低だと思う。



「このキャラはどういうキャラなの」「何がしたいの」あたりクッソわかる。行き当たりばったりで書いてると同じキャラがさっきまで思慮深かったのに次のシーンでは無神経になってたりわけわかんなくなるんだよね。真実を知りたいの!→もうやめて聞きたくない!とかのコンボかますような電波ヒロインが昔いたけど、なんでそうなったのか最近わかってきた気がするよ。



周りの人に見せてそういう指摘してくれるなら良いけどそれこそ持ち込みでもしてガッツリ言われんと描いてる本人にはわからんよね だからビビらず描いたら持ち込もうぜ



ここでいう「編集者に見せるレベル」というのは「『編集者ならではのアドバイス』をもらえるレベル」のことなので、別に達していなくても見てくれるんですよね編集者は。ただ単に「深いアドバイスまでたどり着けなくてもったいない(そんな程度だったら素人でも指摘できる)」というだけで。



単行本も出てアニメ化されるくらい支持されてるなら、別に5W1Hなんてなくてもいいんだよ。 単に読者がわかりやすいようにする工夫でしかないんだから、支持を得られるなら無視しててもかまわない。 ただ、無視した作品でたくさんの支持を得ようと思ったら、運か勢いか超絶技巧か、5W1Hよりもっと難しい何かを味方につける必要はあるけど



ある漫画家さんの初期の持ち込み原稿を見せていただいたことがあるのですが、はっきりいって話も絵も小学生かよってレベルでした。その後も何回も何回もえんえんと持ち込んで(もちろん改善していって)、大成されたわけで、初回だめだったとか、何か言われるのが怖いとか、そういう方向に考えずに「何度でも描いて持ち込む」これが正しい方向でしょう。